ホーム > ニュース > パンダの最新ニュース

パンダを返させることについて

着者: ??????时间:2019-08-15

  よく戸外で活动をするのは、気持ちがいいですね。成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地のパンダたちもそうお思うでしょう。皆のレクリエ—ションは喧哗して、孔雀を追いかけることとか、可爱いこぶって、痒いところをかくこととか、食を加えることです。たしかに、戸外の活动を楽しむのはパンダの超高生活センスと独特な気质を明らかにしました。だから、家に戻りたくないパンダがたくさんいます。例えば一日中木の上にいた毛笋と三日间木にかかった思念です。パンダが戻りたくない时、饲育员はストレスがとても大いです。パンダが顺调に戻るために色々な方法を考えました。时には呼びかけると、声に乗って来ましたが、呼びかけも役に立たなに时はほかの手段を使わなければなりません。

?

  月の産房のある运动场で饲育员は三匹のパンダを返させる三つの方法を见せました。

?

  大美は散歩しながらゆっくりと前の草を探究していました。饲育员は何も言わなくて、直接大美をだっこしていきました。

?


大美は気楽にだっこされました。

?


大美「私のメンツは考えない?」

?

  青青が小木の上にいました。饲育员は届かないので、竹竿で軽く突きました。青青は不思议がってこの竹竿を见て触って、あんまり兴味がなかったです。そこで続いて寝ました。しかし、饲育员の决心は揺すぶらなくて、青青の名前を呼びながら优しく突きました。しばらくすると青青は失败を认めて、ゆっくり木の下に滑ってきて、最後に饲育员の胸に飞び込んでだっこされました。

?


竹竿の戦争の後、青青は木の下に来ました。

?


青青「私、降りて来たのに、早く抱いてよ」

?

  最後は小馨です。竹竿も届かない木のてっぺんに登りました。だから、饲育员は必杀技——はしごを使うしかなかったです。饲育员ははしごで小馨の足を优しく木の下に引いてきたが、小馨が全然合作しなくて、しっかりと木の上に挂かっていました。これは小馨と饲育员、両方の勇気と忍耐力に対した试练でしたよね。饲育员は优しくて小馨の足を放して、一方で木から落ちるのを防いでいました。饲育员がそんなにご苦労して、小馨、いい子にしてね。一方は饲育员の呼び挂けで、一方は优しい攻撃でした。小馨は最後に木の下に降りて、见事に抱っこされました。

?


饲育员がはしごをかけて小馨を降ろしてきた。

?


小馨「この高さが私の最後の意地っ张りだ」

?

  饲育员にとって木の上からパンダを取る技が必要です。小さいパンダを直接取れますが、暴力が増える大人のパンダには近くできず、普通に食物を使って诱惑します。饲育员はリンゴの小鉢を持ってパンダの名前を呼びかけながら手すりを叩いて、一号别荘のパンダ达が従顺にうちへ帰りました。

?

  リンゴと蒸しケーキはパンダにとって一番魅力的な宝物で、たくさんのパンダは美味しい食べ物の前で降伏しますが、毛毛は例外です。

?

  ある晴れの日、毛毛は笋を食べていました。饲育员は「毛毛」を呼んで赤いリンゴを吊り上げて前に差し出しました。毛毛の注意を引くために、リンゴが近づくと、またリンゴを移しました。実は饲育员は毛毛がリンゴについて行ってほしがっていましたが、毛毛が何度も取れなかったので、逆に毛毛の反感を买ってしまいました。

?

  パンダがリンゴが大好きなので、いつも全部食べてしまいます。しかし、毛毛は意识が高いパンダです。たとえリンゴが好きでも、饲育员がくれなかったら、全然动かないです。続いて笋を食べて、目の前に差し出してくれたリンゴには完全に无视しました。

?


笋を食べている毛毛はリンゴには気にしない

?


毛毛「私だって怒るよ!いらない!」

?

  饲育员は今回の任务が失败して、鉢を持って寂しく帰りました。饲育员がその时どんな感想か分かりませんが、これらの小悪魔の前で、恐らくもう强い心を训练しましたね。

?

?

?

?